loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便 【経営のヒント 122】

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第122号

第1部「使命が第一」の第3章は「目標の設定」です。
この章は、フランシス・ヘッセルバイン女史との対話です。
女史は、全米ガールスカウト連盟専務理事を13年間務め、数々の改革を成し遂げた実績を持っています。対話は、「顧客の創造」をいかに行ったか、その際目標をどう定め、実行に移したのかを中心に展開されています。

<ドラッカーの一言>
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
私の経験からすれば、これこそ、多くの非営利機関にとって
決定的に重要な問題、つまり、報酬ではなく仕事に満足感を
見出すプロのボランティアの獲得という問題に対処するうえ
での秘訣だと思います。
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
『非営利組織の経営』 1990年 ダイヤモンド社より

全米ガールスカウト連盟は、「創造すべき顧客」を活動を手助けしてもらえる「ボランティア」と定めました。このボランティアの数次第で手助けしてあげられるガールスカウトの数(最終的な顧客)が決まります。そして彼らは、目標をボランティアの人たちの数と定めました。その際の目標達成のための戦略が今日の一言です。
ここから私たちが学ぶべきことは、最も効果的な目標設定を意識して行うことです。そうすることで優れた戦略が生まれます。
そのうえで固い決意で努力を続ける・・その延長線上にのみ成功がある。

さらに学ぶべきは、今日の一言の中身です。
非営利組織は、働く者に報酬を払いません。そのうえで報酬以外に満足感を持たせることに、あるプログラムで成功しました。私たちは、「人は報酬だけでは動かない」という原則をここでみることができます。ヘッセルバインは、「もう一つ見落としておられる点があります」と前置きした上で「認めてあげることです。誰かが、『ありがとう。すばらしい貢献をしてくれました』と感謝の気持ちを表すことが大事です。」と付け加えています。
この言葉は、営利企業を営む私たちも記憶に留めておきたい一言です。

佐藤 等

関連記事