loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便 【経営のヒント 301】

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第301号

さて、本日お送りするのは301号。新たな歩みが始まりました。
今日も『マネジメント』<中巻>第37章「意思決定」からです。

<ドラッカーの一言>
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
最後に、意思決定の前提を検証するために必要な
フィードバックの仕組みをつくらなければならない。
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
『マネジメント<中>』p.137 1973年 ダイヤモンド社

意思決定が想定どおり進展することは少ないと、ドラッカー教授は明確に示しています。それゆえ、フィードバックの仕組みが必要だといいます。様々なマネジメントの仕組みがありますが、後手に回っているものの代表例ではないでしょうか。貧弱なフィードバック、なかにはフィードバックされないケースも散見されます。

フィードバックの要素は2つです。事前に期待を書き留めておくことと定期的に振り返ることです。振り返りの際に、書き留めておいたこととの比較を行ないます。そのために必要なものは、成果に関する情報です。数字であったり状況の報告であったり。その情報は、組織的、体系的に集めます。一工夫が必要です。

意思決定は、行動のためになされます。行動には、エネルギー、経営資源が必要です。このため意思決定は、リスクをとって経営資源の投下先を決める行為です。それゆえ投入した資源に対する成果が重要になります。自明のことですが、このことを振り返る組織や人は少数派です。

振り返りの習慣をつけましょう。月一回のフィードバック会議、毎週のミーティング、毎日15分の昨日の振り返りなどの時間を確保しましょう。廃棄すべき意思決定や行動の数々、新しい人材など足りないものの数々、多くのものを手にできることでしょう。

佐藤 等

関連記事