loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便 【経営のヒント 46】

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第46号

あっという間に新年度ですね。
今日は、『イノベーションと起業家精神』下巻の最終回です。今回は、第11章「イノベーションの方法」から、「イノベーションを成功させるための三つの条件です。
まずは一言から。

<ドラッカーの一言>
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
イノベーションは、強みを基盤としなければならない。
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
新訳『イノベーションと起業家精神-その原理と方法-』(ダイヤモンド社)より

「強み」は、よく使われる言葉ですが、ドラッカー流に言えば、「自分(あるいは自分たち)が最も得意とし、実績によって証明済みの能力を生かせる機会は何か」を問うた結果でたもの、という事ができます。そういえばドラッカーの『経営者の条件』の3つ目が「強みを生かせ」でした。よく何とかのFCの権利を取得して云々という相談を受けますが、今の事業とかけ離れたものの多くは失敗するケースが多いですね。「実績によって証明済みの能力」というのがポイントですね。

ドラッカーがあげる他の2つの条件は次のとおりです。
(1)イノベーションとは、仕事でなければならない。
(2)イノベーションはつまるところ、経済や社会を変えるものでなければならない
さて、以上で上巻が終了しました。下巻は、第2部 起業家精神のためのマネジメントと第3部 起業家戦略です。

佐藤 等

関連記事