loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便 【経営のヒント 79】

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第79号

『現代の経営』上巻も残り少なくなってきました。
今日は第14章「CEOと取締役会」です。最近私の周りにもCEOと名刺に入っている方がちらほら。
もちろんこの章は日本流に社長と読み替えて読んでみました。
さて今日の一言からです。

<ドラッカーの一言>
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
CEOの仕事は、徹底的に検討して初めて混乱を免れる。
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
新訳『現代の経営』(ダイヤモンド社)より

この言葉の節のタイトルは「CEOの仕事の混乱ぶり」です。つまりCEOは、大混乱の中、仕事をこなしているという現実を前提にしています。
ここでいう混乱は、「緊急かつ重要」な仕事、「緊急でないが重要」な仕事、「緊急だが、重要でない」仕事、「緊急でなくかつ重要でない」仕事の4つが上手くコントロールされていないことを表しています。
問題は、「緊急でないが重要」な仕事をこなせない環境におかれていることです。この章には、その秘訣が少しだけ書いてあります。ポイントは、「重要でない」ことを行わない計画性とCEOのチーム化(役割分担化)です。
計画性など時間の使い方は、ドラッカー自身が1冊の本にしています。
このメルマガの最初の1冊、『経営者の条件』がそれです。
この章には、CEOの役割が面白い言葉で書いてあります。
「CEOたる者は、考える人、動く人、会社の顔になる人であるだけでなく、分析し総合する人でなければならなくなる。」そしてそのあとに「いかなる人間も、一つの人生において、これら四つの役割を演ずることはできないし、ましてや、そのすべてを毎日演ずることなどできない。」とあります。なんだか肩の荷が少しだけ軽くなった気がしませんか?

佐藤 等

関連記事