loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便 【経営のヒント 95】

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第95号

31回にわたり書かせていただいた『現代の経営』も今日で終わりです。
私自身5回目の読破になりますが、あらためて真剣勝負で読ませていただきました。一番身になっているのは、他ならぬ私自身です。
あらためて、読者の皆様には、この場を借りて感謝申し上げます。
さて最終章は、結論「マネジメントの責任」から今日の一言です。

<ドラッカーの一言>
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
最も重要な結論は、社会のリーダー的存在としてのマネジメントの
社会的責任とは、公益の利益をもって企業の利益にするということである。
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
新訳『現代の経営』(ダイヤモンド社)より

最近よく耳にするCSR:「企業の社会的責任」という言葉。
ドラッカーは、50年前に公共の利益を自らの利益に一致させることこそが、マネジメントの「社会的責任」であると喝破しています。公共の利益は、「企業の社会における役割」と言い換えることができます。社会的役割があるからこそ、企業にも利益がもたらされる。逆に言えば、社会的責任を果たすため、企業は利益をあげ続ける責任があります。
ドラッカーは、企業が十分な利益を生み出さなければ、社会が損失を被るとまで言い放っています。
利益とは、実に倫理観に満ち満ちた言葉なのです。

さて最終章には、どうしても触れておきたい一言があります(今日の二言)。
「(有能な)若者を引き留めるためには、キャリアや生活保障や経済的な報酬の約束だけでは、不十分である。ビジョンと使命を与えることができなければならない。」
使命・・・社会的役割、ビジョン・・・共有すべき到達点。
いや~ドラッカーって本当にいいですね。
さて今回は長かったこともあり、一つのささやかな達成感を味わうことができました。おつきあい頂きありがとうございました。
次回からは、1980年に著された『乱気流時代の経営』を取り上げます。

佐藤 等

関連記事