loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便【経営のヒント 530】

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第530号

人口構造の変化は最も確実な未来だとドラッカー教授は言います。

これまで2回連続して、人口問題に関連して『ライフシフト』という
本を題材に未来を投影してきました。同書のテーマは次のとおりです。

「本書は、3ステージの人生を前提にした働き方を葬り去り、
新しい人生の設計を提案することを目的にしている。
長寿が大きな恩恵となり、人々が活力と創造性と楽しみのある人生を
送れるようにしたい」。

<ドラッカーの一言>

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

知識労働者は何歳になっても終わることがない。
文句は言っても。いつまでも働きたい。
とはいえ30歳のときには心躍る仕事だったものも、
50歳ともなれば退屈する。
だが、あと20年とはいかなくとも、10年、15年は
働きたい。したがって、第二の人生を設計する
ことが必要となる。

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
『明日を支配するもの』p.226

ドラッカー教授は1969年、『断絶の時代』で「第二の人生」を
意識することを表明しました。この考え方こそは、知識労働者が
増えた高齢社会に今こそ必要なものです。
ドラッカー教授の「第二の人生」という考え方から50年、
『ライフシフト』という著作のメインテーマの一つになりました。
人はいかに長寿社会を働き切る切るべきか。

長寿社会を乗り切るためにはお金などの「有形資産」以上に
「無形資産」が重要になるといいます。
目に見えない資産ですが、無形資産がお金などの有形資産づくりを
支えるという相互作用もあります。では無形資産とは何か。

『ライフシフト』で挙げられたものは3つあります。
生産性資産、活力資産、変身資産の3つです。それぞれ説明します。

①生産性資産
―仕事の生産性を高めるスキルや知識、経験などをいいます

②活力資産
―肉体的・精神的な健康と幸福を維持、向上させる心身の健康、
友人関係、パートナーやその他の家族との良好な関係などをいいます。

③変身資産
―100年ライフを生きる過程で何度か大きな変化を経験し、
自身を変身させていく必要が生じます。
そのためには自分の資質などをよく知っていることや多様性に
富んだ人的ネットワークを持っていることや、新しい経験に対して
開かれた姿勢をもっていることなどが求められます

①や②はこれまでも重要でした。
これらは益々重要になるということです。
③は長寿化してく過程で徐々にその必要が増していったものです。
これまでの経験や常識では生き抜いていけないことを肝に銘じて
姿勢と行動の転換を図りましょう。

【追記】
私たち、法務会計プラザは開設20周年を記念して、
<LIFE SHIFTの時代>と題し11月15日に講演会を行います。当日は、
宮澤弦さん(ヤフー上級執行役員)×孫泰蔵さん(ガンホー創業者)に、
LIFE SHIFのテーマで対談をお願いしています。
これからの人生を考える大切な1日になると思います。

佐藤 等

関連記事