loadanimation
ナレッジプラザ経営のヒント❸プロ・知識専門家働き方ナレッジメール便【経営のヒント 538】

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便【経営のヒント 538】

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第538号

今年も残りわずかになってきました。さて、数か月にわたり、このメルマガでその内容を
概観してきた『ライフ・シフト』と前回のメルマガに掲載した『ワーク・シフト』(2012)
どちらにも「シフト」という言葉がついています。

シフトとは、トレンドとは異なる変化です。

私たちは社会という環境変化を観察していなければなりません。
これを無視して生きているととても生きにくい環境に身を置くことになります。
そのためには変化に敏感であることが求められます。

シフトとトレンドどこに違いがあるのでしょうか。
ドラッカー教授の次の言葉がヒントになります。

<ドラッカーの一言>

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

「重要なことはすでに起こった未来」を確認することである。
すでに起こってしまい、もはや戻ることのない変化、
しかも重大な影響力をもつことになる変化でありながら、
まだ一般には認識されていない変化を知覚し、分析する
ことである。

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

『すでに起こった未来』p.313

ここには3つの要件が書いてあります。
①もはや戻ることのない変化
②重大な影響力をもつことになる変化
③まだ一般には認識されていない変化

このような要件、とりわけ①の要件を「シフト」といいます。
ライフ―人生がシフトした、つまり100年人が生きる様になってきたというのです。
平均的な企業の寿命は30年程度であることを考えると、何度か人生で仕事を変えるのは
必然的なことになりつつあります。世の中の常識が変わりつつあります。

ワーク―働くことがシフトした、つまり人の働き方が変化してきています。
たとえば副業を認める組織が増えています。テレワークと呼ばれる在宅で働く人も
増加傾向です。

地殻が変動するようにこれまでの常識が変化しています。
鈍感だと大地が動いているのがわからない…なんてことにならないようにしなければ
なりません。
貴方の周りで起きているシフトは何ですか。

佐藤 等

関連記事