loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便【経営のヒント 609】

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第609号

 

しばらくセルフマネジメントの領域を取り上げます。
セルフマネジメントは、ドラッカー教授のマネジメントの体系の4つの柱の一つです。
前回の原理の復習からです。

<マネジメントの原理125>
顧客に価値を提供するために「私はどのような貢献をすべきか」を問う

「すべきこと」とは、上司や組織に期待されていることです。
その期待は顧客や社会の期待につながっています。
言葉を変えると組織の外の世界における変化である成果につながっています。

さて「すべきこと」と「できること」は違います。
たとえば新入社員には「できること」は多くありません。
「すべきこと」つまり期待も最初は小さなものです。
やがて「できること」が増えてくると期待も大きくなっていきます。
「これを任せてみようか(すべきこと)」となります。
最初はできないかもしれませんが、先輩のアドバイスなどにより「できること」になります。
このように「すべきこと」が「できること」が増えていくことは、自己成長の重要な要素です。
「できること」を広げたり、深めたりする際に自分の強みを使うことが効果的です。
強みとは、その人固有の資質やワークスタイルのことです。
また一人ひとりの価値観も生かすことが重要です。
自分はどんな時に、そんな場面でもっとも自分を活かせるのかを知ることは「できること」を
広げ、深めるために大切です。

<マネジメントの原理126>
顧客に価値を提供するために
「私はどのような強みを生かして仕事を行うべきか」を問う

強みと得意分野は異なります。
英語が得意など後天的に習得できるスキルなどは得意分野に属するものです。
強みは資質、すなわち生まれつきもしくは社会に出る前に身についた生得的なものをいいます。
知らない強みは磨けませんし、使いこなすことができません。
それゆえ最初に自分の強みを発見することが重要です。
そのためにはフィードバック分析が有効です。
何かを行う際には、到達時期とその水準を決めておきます。
うまくことが運んだ時、自分のどんな強みが生かされたかを振り返ります。
うまくいかなかった時はその逆に弱みに関係しているかもしれません。
こうして自分はどんな時に成果をあげる行動をすることができるのか知ります。
事前に書き留める、事後に振り返る―それがフィードバックの本質です。
知った強みは、磨きつつ、活用します。
資質やワークスタイルを使いこなすことは、「できること」を増やす基本です。
「すべきこと」と「できること」という認識を常に持つことができればその成果は大いに
期待できるものになることでしょう。

関連記事