loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便【経営のヒント 619】

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第619号

意思決定をテーマにして3回目になります。
意思決定の手順の復習からです。

意思決定は、手順にしたがう。
(1)問題の本質を見極め、真の問題を対象とした意見の土台をつくる
(2)関係者から異なる意見を集め、複数の選択肢をつくる
(3)一つの選択肢を選んで実行に移す
(4)同時に成果の基準を明確にし、モニタリングを行う
(5)実行結果をモニタリングし、フィードバックを行う

前回、(1)を説明しました。原理の形でまとめておきます。

意思決定は、問題の本質を見極め、
真の問題を対象とした意見の土台をつくることから始める
<マネジメントの原理132>

意思決定のプロセスでとりわけ重要なのは(1)や(2)です。
本質的でない問題いや課題に取り組んでも効果は限定的です。

したがって第一に、
真に優先すべき問題の解決や課題に向き合うという姿勢が求められます。

今日は、(2)についての原理です。

意思決定は、関係者から異なる意見を集め、
複数の選択肢をつくることで行う
<マネジメントの原理133>

まず意思決定においては、意見と選択肢を分けて考える姿勢が重要です。
この点はかなり重要です。

多くの場合、
誰かの意見を採用するかどうかというような進め方をしがちですが、
意見は意思決定の選択肢を作るための素材にすぎない
と考えなければなりません。

それゆえ誰が言うかよりも何を言うかが重要です。
意見とは異見、つまり「異なる見方」だということです。

一つの現実を見て、すべての人が同じ意見に到達するのはむしろ異常です。
なぜなら人は、自分の経験という眼鏡をとおして現実を見ているからです。
一人ひとりの経験は多様がより良い道に導きます。

このような者たちが、選択肢をつくるために議論を尽くす。
こうして複数の選択肢が得られます、選択肢は仮説の集まりです。
もし一つの選択肢が上手くいかなかったら、
他の選択肢を準備しておくという効果もあります。

意思決定は手順に従って行います。
それは、どんな組織でも実践することができることを表しています。
その手順を組織内で共通の理解とし、
意思決定の場面で使うことを目指しましょう。
それが成果のあがる意思決定の秘訣です。

佐藤 等

 

関連記事