loadanimation
ナレッジプラザ経営のヒント

経営のヒント

MANAGEMENT HINT

ヒント

経営のヒント

ナレッジメール便【経営のヒント 643】2020.11.25

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第643号
——————————————————————————-

ここ数か月、<マネジメントと人間力>というテーマで連載しています。連載は次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

 

今回から少しモードを変えて、人間学の領域に含められる主要なコンセプトに焦点を当て書いてみたいと思います。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 642】2020.11.16

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第642号
——————————————————————————-

<マネジメントと人間力>というテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。
客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

この連載を始める頃から、人間学に関する著作に触れる機会が増えました。
今日は、その学びの中から一つお伝えします。
ドラッカー教授の言葉に「失敗」に関するものがあります。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 641】2020.11.05

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第641号
——————————————————————————-

<マネジメントと人間力>というテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。
客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

この連載を始める頃から、人間学に関する著作に触れる機会が増えました。
今日は、その学びの中から感銘を受けたことをお伝えします。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 640】2020.10.26

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第640号
——————————————————————————-

<マネジメントと人間力>というテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。
客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

「信条と経験」から連想されるのは、ドラッカー教授の「人生を変えた7つの経験」です。
現在、『プロフェッショナルの条件』に収録されていますが、元々は、ドラッカー教授とダイエーの創業者中内功氏との往復書簡が元になっています。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 639】2020.10.16

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第639号
——————————————————————————-

<マネジメントと人間力>というテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。
客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

この言葉は、マネジメントが科学と人間学という対極にある領域にまたがる総合的な問題解決の方法であることを示しています。
しかし別々に見えるものも元は、哲学という共通の親から生まれたものです。

続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー