loadanimation
ナレッジプラザ経営のヒント00実践するドラッカー

経営のヒント

HINT

00実践するドラッカー

ナレッジメール便【経営のヒント 648】2021.01.15

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第648号
——————————————————————————-

感染症にともなう緊急事態宣言地域が拡大しています。日本にとっても人類にとっても逆境の時が続きます。前回、「何のために学ぶのか」と問い。その理由の一つに「順逆を超えるために学ぶ」を挙げました。今このようなときのために人間学を学ぶ必要があります。

 

さて前回年末年始から取り組んでいる<人間学マップ>について触れまた。大改造後の枠組みがおおよそ明確になりつつあります。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 647】2021.01.05

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第647号
——————————————————————————-

あけましておめでとうございます。

本年もナレッジメール便をよろしくお願いいたします。

 

今年も<マネジメントと人間力>というテーマでお伝えしていきます。

私は年末年始、<人間学マップ>の制作に取り組んでいました。

ゆえあって昨秋に取り掛かりましたが、年末年始に大改造を試みました。

 

<人間学マップ>制作の目的は、人間学という大海原を泳ぐためです。

3つの観点からまとめてみました。

(1)なぜ人間学を学ぶのか

(2)どのように人間学を学ぶのか

(3)人間とは何を学ぶのか

 

今日は、(1)についてお伝えしたいと思います。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 646】2020.12.25

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第646号
——————————————————————————-

今年、最後のメルマガになります。半年ほど、<マネジメントと人間力>というテーマでお伝えしてきました。また、人間学を学ぶ雑誌『致知』の連載も3年目に入りました。

 

この領域は、昨年末に出した『ドラッカー教授組織づくりの原理原則』を出した時には、私の中では未開の領域でした。しかしこの著作の原稿作成する過程で「物語13」(東急百貨店本店)や「物語10」(都田建設)など事例を再読するうちにドラッカー教授のマネジメントの中でも大きな領域を占めることを理解するに至りました。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 645】2020.12.15

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第645号
——————————————————————————-

<マネジメントと人間力>というテーマでお伝えして半年が経とうとしています。この連載は、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

 

今回から少しモードを変えて、人間学の領域に含められる主要なコンセプトに焦点を当て書いてみたいと思います。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 644】2020.12.07

—————————————————————————-
knowledge mail magazine
ドラッカーのナレッジ 第644号
——————————————————————————-

<マネジメントと人間力>連載のテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

 

人間学で語られる言葉に次の言葉があります。

 

時処位の限定」。
今、自分がいる場所や環境、立場や役割を懸命に生きるという意味の言葉です。過去でもなく、未来でもなく今を懸命に生きる際の心構えとでもいうべき言葉です。そのためには、時・処・位をそれぞれ明確に意識することが大切です。

続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー