メイルマガジンバックナンバー

HOME > メイルマガジンバックナンバー

ナレッジメール便【経営のヒント 526】2017-08-16

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第526号

トヨタが電気自動車(EV)の開発に舵を急旋回させています。

トヨタはハイブリッドカーの次に燃料電池自動車(FCV)
―燃料電池で水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを
使って、モーターを回して走る自動車―を位置づけて開発を
続けてきました。

ここに来ての急旋回の訳はイギリスやフランスの宣言―2040年まで
にディーゼル車とガソリン車の販売を禁止する―にあります。
中国も電気自動車を国策として舵を切ろうとしています。

<ドラッカーの一言>

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

予測の危険は、起こらないことを予測することよりも
重大な間違い、すなわち重要なことを予測しない
という間違いにある。

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

『断絶の時代』p.23

相次ぐディーゼル車とガソリン車の販売を禁止宣言は、トヨタの
予想より早く次世代への移行が進むことを意味します。
その結果、自車発電する燃料電池自動車(FCV)は、
充電により走る電気自動車の次の世代の自動車に位置づけざるを
得ない状況に追いやられたように見えます。

「2040年までの20数年で起こることは何か」と問いかけたとき、
トヨタは「燃料電池自動車(FCV)への移行は起こらないかも
しれない」と考えたのでしょう。「電気自動車へのシフト」という
「重要なことを予測しない」という重大な過ちを回避したのです。

日本では電気自動車は日産が先行していました。
一方でグローバル製品となった自動車は各国の事情を背景に思わぬ
スピードで進み出しました。

一つの見方として一斉に夜、家庭で充電が始まると今の発電量では
まかないきれないのではないかという課題も見え隠れしています。
もしそうだとすればクリーンなエネルギーで走るために、発電所を
増やすこととで環境負荷が増すかも知れません。

宣言一つで企業行動が変わる―それは本当にすでに起こった未来なの
でしょうか。
すでに起こった未来とはタイムラグのことです。
トヨタは当面三方面作戦(ハイブリッド、燃料電池、電気)を
取らざるをいないでしょう。
今回の決断がトヨタに、そしてそれはとりもなおさず日本に
どのような未来をもたらすのか…目の離せないテーマです。

佐藤 等

  • ページトップへ戻る

初めての方へ

  • STEP。01 ナレッジプラザとは?
  • STEP.02 会員サービスについて
  • STEP.03 入会・変更・退会について
  • STEP.04 イベントの様子を見てみる
  • STEP.05 アドバイザーについて
  • Twitter
  • Facebook