メイルマガジンバックナンバー

HOME > メイルマガジンバックナンバー > カテゴリ1の一覧

1 2 3 4 5 6 106

ナレッジメール便【経営のヒント 526】2017-08-16

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第526号

トヨタが電気自動車(EV)の開発に舵を急旋回させています。

トヨタはハイブリッドカーの次に燃料電池自動車(FCV)
―燃料電池で水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを
使って、モーターを回して走る自動車―を位置づけて開発を
続けてきました。

ここに来ての急旋回の訳はイギリスやフランスの宣言―2040年まで
にディーゼル車とガソリン車の販売を禁止する―にあります。
中国も電気自動車を国策として舵を切ろうとしています。

  • 続きを読む

ナレッジメール便【経営のヒント 525】2017-08-07

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第525号

AI(人工知能)が将棋や囲碁の名人たちを撃破して、
開発した各社はプロジェクトの終了を宣言しました。
この現実はAIがチェスの名人を破った1988年にはすでに起こった
未来だったのです。

  • 続きを読む

ナレッジメール便【経営のヒント 524】2017-07-25

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第524号

今月18日、敬愛する日野原重明先生が生涯現役をとおしながら
105年の生涯を閉じられた。
日野原先生は、これからの高齢社会の生き方の最高のお手本の
お一人であることは間違いないと思います。著作も豊富です。
折に触れ振り返りたいと思います。

  • 続きを読む

ナレッジメール便【経営のヒント 523】2017-07-18

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第523号

私たちは、様々な事実に直面しています。
ドラッカー教授は、大切なのはその事実の意味だといいます。

  • 続きを読む

ナレッジメール便【経営のヒント 522】2017-07-05

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第522号

1993年『ポスト主義社会』を著したドラッカー教授は
現在の世界の混乱を予見していました。

それは一つの解釈から始まっています。
「信仰としてのマルクス主義が崩壊したことは、
社会による救済という信仰の終わりを意味した」
「意味」はドラッカー教授が多用する人々の価値の転換を表す
表現です。

さらに言います。

「これにとって代わるものが何かは不明である。
われわれはただ期待し、祈ることができるだけである」

当時のドラッカー教授の目に映ったものは、
アメリカのメガチャーチとイスラム教の原理主義の
再興でした。

「原理主義を熱狂的に信奉する現代のイスラム世界の
若者たちも、40年前ならば同じように熱狂的な
マルクス主義者となっていたかもしれない。
あるいは、さらに新しい宗教が現れるのであろうか」。

イスラム原理主義の台頭と新興宗教の興隆の同根ということ
でしょうか。
いずれにしても人々は心を寄せるものを失いつつあります。

  • 続きを読む
1 2 3 4 5 6 106
  • ページトップへ戻る

初めての方へ

  • STEP。01 ナレッジプラザとは?
  • STEP.02 会員サービスについて
  • STEP.03 入会・変更・退会について
  • STEP.04 イベントの様子を見てみる
  • STEP.05 アドバイザーについて
  • Twitter
  • Facebook