メイルマガジンバックナンバー

HOME > メイルマガジンバックナンバー > カテゴリ1の一覧

1 2 3 4 5 6 103

ナレッジメール便【経営のヒント 515】2017-04-25

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第515号

「ロボットと仕事競えますか 日本は5割代替、主要国最大」。
2017年4月23日の日経新聞の一面に掲載された記事です。

ロボットの導入余地は主要先進国の中では55%とトップの数字です。
喜ぶべきことなのか、悲しむべきことなのか…

  • 続きを読む

ナレッジメール便【経営のヒント 514】2017-04-15

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第514号

今年は社会生態学というドラッカー教授自身が名づけた領域に関係するメルマガをお伝えしています。
社会生態学の究極の目的はよき社会をつくることにあります。
そのためには大切なものを維持・継続し、古くなったものは変革し、新たなものを創造していかなければなりません。

  • 続きを読む

ナレッジメール便【経営のヒント 513】2017-04-10

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第513号

毎日のテレビや新聞で出合うニュースは何を示しているのでしょうか。
「このニュースの意味は何か」ということです。
前回のメルマガで「物事の意味、質、理解の変化」について述べました。
皆さんはニュース記事をどのように活用していますか。

  • 続きを読む

ナレッジメール便【経営のヒント 512】2017-03-25

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第512号

各地のビジネス塾などその日の日経新聞を用いて記事の意味を
参加者で考える機会をもっています。その際に、紹介している言葉です。

  • 続きを読む

ナレッジメール便【経営のヒント 511】2017-03-15

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第511号

政治という社会の一部の分野を観るとき役に立つ視点があります。
元々ドラッカー教授は政治学の博士号を持っており、初期三部作は政治の書といわれています。
教授の第二作目『産業人の未来』(1942)は戦時中にあって戦後の社会のあるべき姿、
つまり機能する社会を描こうとしました。

  • 続きを読む
1 2 3 4 5 6 103
  • ページトップへ戻る

初めての方へ

  • STEP。01 ナレッジプラザとは?
  • STEP.02 会員サービスについて
  • STEP.03 入会・変更・退会について
  • STEP.04 イベントの様子を見てみる
  • STEP.05 アドバイザーについて
  • Twitter
  • Facebook