loadanimation
ナレッジプラザお知らせ重要なお知らせ39県の緊急事態宣言解除を受けて(当社主催の勉強会開催等についての基本方針)

お知らせ

NEWS

お知らせ

39県の緊急事態宣言解除を受けて(当社主催の勉強会開催等についての基本方針)

ナレッジプラザ会員の皆さま

いつもお世話になっております。
みなさま、お元気でしょうか。今度の影響はいかほどでしょうか。
オンラインの講座でお会いしている方には、ご様子を伺ったりもしておりますが
お会いできていない方にも、すぐ会いに行ってお話をうかがいたいところです・・。

この度、全国一斉の緊急事態宣言から、都道府県ごとに判断しての緊急事態宣言の解除が行われました。その中で、私どもの方針にも若干変更が必要かと判断いたしました。

以下、変更点・追加点を中心にお伝えいたします。

 

①ビジネス塾&マネジメント塾について

3月以降、ビジネス塾&マネジメント塾は、オンラインにて開催してまいりました。

これは、
・集まる人数が多人数(15名以上)になること
・講師や参加者が県境を越えて移動することが多いこと
を鑑みて、の判断でした。

今回(5月14日現在)、
全国一斉の緊急事態宣言は解除され、多くの地域で解除されましたが、私どもがビジネス塾&マネジメント塾を開催してきた「北海道」や「首都圏」では依然として発令された状態です。

そこで、6月についても引き続き、オンラインでビジネス塾を開催する対応をさせていただきます。

今後5月末までに緊急事態宣言が解除される可能性もございますが会場の準備その他の時間的なゆとりもないこと、講師等の移動距離も長く、第二波・第三波の危険もあることからこのように判断させていただきました。

なお、4月発表の「リアル開催のみをご希望の会員の方への会費返金制度」についての方針は変わりません。

一刻も早くこの事態が終息し、皆さまに直接お会いして無事を確かめあう日を心からお祈りしております。

 

②読書会について

なお、この度、全国一斉の緊急事態宣言は解除されましたが、第二波、第三波の不安もある一方、状況は都市型災害の様相を呈しているところ、地域によっては、対応の温度差もあるかと存じます。

また現在は、都道府県単位での緊急事態宣言となっていますが、緊急事態宣言が解除された都道府県内同士であっても、都市部と地方とのリスクの実感値にはかなりの開きがでることと思います。

この点、事務局のある札幌から全地域の様子を判断できず、台風やここ数年にもございました集中豪雨などの際の対応と同様に現地にご判断を委ねざるを得ません。

おそれいりますが、少人数の集まりである各地の「読書会」の開催については、関係省庁・各自治体・政府機関等の発表を考慮の上、現地の状況に応じて

「集まる人数の多寡」
「講師および参加者の移動の距離」
「感染予防対策がとれる環境か否か」

を考慮して現地の読書会ファシリテータ(以下、FTと略)のご判断で

①オンライン開催、
②感染対策をした上でのリアル開催、
③中止・延期

を選択して頂くという全国一斉緊急事態宣言以前の形にさせていただこうと思います。

 

③事務局のリモートワーク(在宅勤務)についてのお詫び
先月来の緊急事態宣言を受けて、ホットスポットとなっている札幌にあるナレッジプラザ事務局も感染防止のため、スタッフの出勤の数50%を目指して、在宅勤務を導入し、現在の出勤率は、ほぼ50%で運用を始めております。

スタッフ同士の連絡は綿密に行っておりますが、ひょっとすると、勤務時間帯や勤務日などの都合によりお問い合わせ対応が平時よりも遅くなることもあるかと存じます。

以上、会員の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解賜るよう、よろしくお願いいたします。

令和2年5月14日

ナレッジプラザ事務局一同

関連記事