loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便【経営のヒント 496】

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第496号

「われわれはこれまで数百年にわたって、コミュニケーションを上から下へと試みてきた。
しかしそれでは、いかに賢明になろうともコミュニケーションは成立しない」(『マネジメント〈中〉』p.152)
さて現代の状況はいかに…今月はドラッカー教授がコミュニケーションをどのように考えていたかを見ていきます。

<ドラッカーの一言>

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

コミュニケーションは、受け手とされる人からスタートしなければ
ならない。すなわち、上へ向けて始めなければならない。
下へ向けたコミュニケーションでは機能しない。

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

『実践するドラッカー〔チーム編〕』p.184
『マネジメント〈中〉』p.155

方向が逆だとドラッカー教授はいいます。
続けて「上の者が下に向けて行えるのは命令だけである」と。
大量生産の時代は「これを言うとおり作れ」で事足りていました。
むしろ余計なことは考えるなということなのでしょう。

しかし世は知識労働の時代。
知識労働者の定義を思い出してください ―自分で考え、決定し、行動する人。
現場にこそナレッジが蓄積しています。
それゆえ組織の上に置くほど専門的な経験や知識、スキルが希薄化していきます。
たとえば、厨房に入ったことのない飲食店経営者が存在する時代です。それが常態です。

このような中で「指示・命令」は無力化します。また上から与えられたマニュアルも同様です。
ドラッカー教授がナレッジ・ワーカーに対峙するコンセプトをマニュアル・ワーカーとしたのも偶然ではありません。

われわれのミッションは何か、われわれの成果は何か、われわれの目標は何かなど
下から上に向けた問いかけからコミュニケーションは始まります。上とは上司とは限りません。
誰とコミュニケーションするかよりも、どんな内容をコミュニケーションするかが大切です。

前回メルマガの言葉にある「貢献に焦点を合わせる」ことは、上記のような問いに答えなければ得られません。
コミュニケーションする内容が重要です。「どうやって」ではなく「何を」に意識を向けることも大切です。

-----
<実践のための問い>

上から得なければならない情報は何ですか?

佐藤 等

関連記事