ホーム経営のヒント

経営のヒント

MANAGEMENT HINT

ヒント

経営のヒント

自己変革能力は常に試されている【経営のヒント 702】2022.08.05

「自己変革する能力もまた、事業の定義のなかに組み込んでおかなければならない」
『経営の真髄』<上>p.156

事業を定義する際、前提となる3つの要素を挙げました。
(1)事業の定義の要素は3つあります。第一に、組織のミッションにしたがっている事業であること、第二に、自社の強みを基盤としていること、第三に、経営環境に適合していることです。

ドラッカー教授は、これに3つを加えて「事業の定義を有効にするための4つの条件」と呼びました。続きを見る…

組織が成功を収めるには、必ず事業の定義を行わなければならない【経営のヒント 701】2022.07.25

「いまや、組織のマネジメントにとって、「何をすべきか」が大きな問題になっている」
『経営の真髄』<上>p.144

「いかにすべきか」ではなく「何をすべきか」が問題になっているといいます。

多くの危機の主たる原因は、やり方が悪く急速に不適応となったのではなく、単に、行っている活動が実を結ばなくなったことによるとドラッカー教授は指摘しました。続きを見る…

成果を意識した組織運営【経営のヒント 700】2022.07.15

「マネジメントの対象と国境は一致しなくなった。もはやマネジメントの対象を政治的に規定することはできない。」
『経営の真髄』<上>p.138

ドラッカー教授が挙げた7つのパラダイムシフトについて見ています。今日は、第七のパラダイムシフトについてです。

旧パラダイム:マネジメントの領域は組織の内部にある。
新パラダイム:マネジメントの領域は成果の存在する外部を含む。続きを見る…

マネジメントの対象と国境は一致しない【経営のヒント 699】2022.07.05

「マネジメントの対象と国境は一致しなくなった。もはやマネジメントの対象を政治的に規定することはできない。」
『経営の真髄』<上>p.138

ドラッカー教授が挙げた7つのパラダイムシフトについて見ています。今日は、第六のパラダイムシフトについてです。

旧パラダイム:マネジメントの対象は国境で制約される。
新パラダイム:マネジメントの対象と国境は一致しない。続きを見る…

経済的なプロセスをいかに充実させるか【経営のヒント 698】2022.06.27

「マネジメントとは、経済連鎖全体における成果に焦点を合わせるべきものである」
『経営の真髄』<上>p.136

ドラッカー教授が挙げた7つのパラダイムシフトについて見ています。今日は、第五のパラダイムシフトについてです。

旧パラダイム:マネジメントの範囲は法的に規定される。
新パラダイム: マネジメントの範囲は経済的なプロセスを前提とした対等のパートナーシップによって規定される。続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー