ホーム経営のヒント

経営のヒント

MANAGEMENT HINT

ヒント

経営のヒント

人をマネジメントするのではなく人をリードする【経営のヒント 696】2022.06.06

「フルタイムの正社員さえ、これからはボランティアのようにマネジメントしなければならない。(中略)動機づけ、とくに知識労働者の動機づけは、ボランティアの動機づけと同じである。周知のようにボランティアは報酬を得ないがゆえに、仕事そのものから満足を得る必要がある」
『経営の真髄』<上>p.125

前回からドラッカー教授が挙げた7つのパラダイムシフトについて見ています。続きを見る…

ふさわしい組織の構造はいくつか存在する【経営のヒント 695】2022.05.25

「組織がすべてではない。組織はともに働く人たちを生産的な存在にするための道具にすぎない」
『経営の真髄』<上>p.117

前回からドラッカー教授が挙げた7つのパラダイムシフトについて見ています。

第二のパラダイムシフトについてです。
旧パラダイム:組織は万能の正しい構造が一つある
新パラダイム:ふさわしい組織の構造はいくつか存在する続きを見る…

自分はパラダイムシフトについていっているか【経営のヒント 694】2022.05.16

「違いのほとんどは、用語程度のことにすぎない。適用の仕方の違いにすぎない。直面する問題や機会さえ大きな違いはない。」
『経営の真髄』<上>p.116

今日からドラッカー教授が挙げた7つのパラダイムシフトについて見ていきます。

第一のパラダイムシフトについてです。
旧パラダイム:マネジメントは企業のためのものである
新パラダイム:マネジメントは組織のためのものである続きを見る…

前提が変われば常識が変わる【経営のヒント 693】2022.04.25

「マネジメントのような社会科学では、前提としたものがそのままパラダイム、すなわち支配的な一般理論となる」
『経営の真髄』<上>p.112

前提が変われば常識が変わる―ドラッカー教授は、当然のことを私たちに伝えました。なぜか。

前提は、分析も研究の対象にもならず、疑問ももたれることはないし、あえて取り上げられることもないからです。続きを見る…

「チェンジ・エージェントたれ」【経営のヒント 692】2022.04.15

「変化をマネジメントする最善の方法は自ら変化をつくり出すことである」
『経営の真髄』<上>p.107

ドラッカー教授は、このような姿勢と行動を表して「チェンジ・エージェントたれ」と述べ、組織の変身を求めました。「チェンジ・エージェント」とは、変革機関と訳されます。

ではどうすれば変化を自らつくり出す、変革機関になれるのか。続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー