直近の開催イベント

リスト表示

マネジメントを学ぶ

ナレッジセミナー

KNOWLEDGE SEMINAR

ナレッジセミナー

聞いてシェアして『知識力』を高める

セミナーを詳しく

ナレッジプラザでは、札幌・函館・旭川・帯広、そして東京で定期セミナーを開催しております。セミナーでは、毎回異なる業界の企業経営者や各分野でご活躍の講師をお招きします。講演後にワークシートを通して、グループ内でシェアを行い、情報を知識に変換します。実践例や成功例からドラッカーの原理原則を抽出し、実際の仕事で使える道具(言葉)を手に入れます。
また、オンラインセミナーも開講中です。オンラインセミナーでは、地域の垣根を超えて、全国各地の人と交流し、学びを深めることができるなど、オンラインならではの新しい気づきを得ることができます。
ナレッジプラザ会員は原則無料でご参加いただけます。

実践するマネジメント読書会®

THE BOOK CLUB TO LEARN PRACTICE OF MANAGEMENT

実践するマネジメント読書会

毎月読んで『継続力』を高める

読書会を詳しく

読書会では、ドラッカーの著作を読み、「気になったところ」「心に響いたところ」についてご自身の感想や疑問、課題、気づきを参加者さんとシェアする勉強会です。
読書会は、札幌をはじめ全国各地で開催されており、身近にドラッカーを学ぶことができます。現在は、オンライン読書会も開催しております。遠方にお住まいの方や自宅・職場からもオンラインで読書会へご参加いただけます。
マネジメントの父であるドラッカーの言葉を、『実際の仕事の現場でどのように成果をあげるか?』に重点を置き、自分自身の仕事に活かすヒントが詰まった勉強会です。
ナレッジプラザ会員、読書会会員は無料でご参加いただけます。

実践するドラッカー講座

LESSONS FROM P.F.DRUCKER

実践するドラッカー講座

書いて試して『実践力』を高める

講座を詳しく

20万部を突破したマネジメント実践の入門書である「実践するドラッカー」シリーズをテキストに、短期集中型でマネジメントの実践を学びます。
「思考編・行動編」は、新入社員から経営者まで働くすべての人に、生き生きと働き成果を上げるための習慣づくりを手にする講座。「チーム編」「事業編」「利益とは何か編」では、経営者や中間管理職のマネジャーが必要とするチームを活かす方法、事業のマネジメント、そして利益の真の意味を学びます。
編著を手掛け、ドラッカー学会理事である佐藤等氏が開講した実践講座です。
札幌・東京での募集講座、招致型の社員研修としても開催しております。

最新動画

『受身社員がプロジェクト思考に!』~マネジャーシップを醸成するホワイトボードマネジメント~

2021.6.18 UPDATE
NEW

人材不足がさけばれる昨今、優秀な人材を外部調達するよりも、いま居る人材のマネジメント力を高めるための試みが注目されています。
今回は、“ホワイトボード・マネジメント”によってマネジャーシップを醸成された林克彦氏にお話をうかが...

人材不足がさけばれる昨今、優秀な人材を外部調達するよりも、いま居る人材のマネジメント力を高めるための試みが注目されています。
今回は、“ホワイトボード・マネジメント”によってマネジャーシップを醸成された林克彦氏にお話をうかがいます。
続きを見る…

YouTube公式チャンネル ナレプラチャンネル

新刊紹介

ドラッカー教授 組織づくりの原理原則

日経BP社刊 | 佐藤等(著) | 清水祥行(編集)

世の中には『美しい会社』と『醜い会社』がある

本書の帯にある「世の中には『美しい会社』と『醜い会社』がある」とは上田惇生先生のインタビューにあった言葉です。2017年4月号から連載再開に際して頂いたインタビューでした。このインタビューが生前の上田先生にお目にかかった最後の機会となってしまいました(2019年1月10日ご逝去)。
どのような1冊にすべきか。
時間はなかったのですが、結局本書のテーマを考えるのに約1か月かかりました。何度も先生のインタビュー記事を読み直し、本書のテーマを「美しい会社」とすることにしました。
本書は「美しい会社とは何か」を考える1冊です。答えは、人により異なり、多様でしょう。私なりの答えを導き出し、「まとめ」に書かせてもらいました。13の物語は、2017年4月から始まった事例を並べ替えて配置しました。順番には意味がありますのでできれば、1日1話じっくりと反芻しながら読み、味わって欲しいと思います。
順番が意味するものは、ドラッカー教授のマネジメントの体系を意識し、番号の若い方がより根本に近い原理原則となっています。それはマネジメントという能力を身に付けるおおよその順番を意味しています。13の物語は、「挫折と克服の物語」として語られます。各物語がドラッカー教授の言葉との出会いから変化を遂げやがて成果をあげるという運びになっています。これをドラッカー・プレミアムといいます(「あとがき」参照)。上田先生の言葉です。

著者 佐藤 等
佐藤等公認会計士事務所所長

MANAGEMENT'S HINT

知識の生産性をあげる時代【経営のヒント 667】2021.07.26 update

マネジメントの革新は、すべて知識を仕事に適用することから生まれた。すなわち、システムと情報が当て推量や体力や汗の代わりとなった。
『経営の真髄』<上>p.48

第一次世界大戦が勃発したころ、マネジメントの出現に初めて気づいた人たちがいました。そう今から100年前、マネジメントの存在はまだ人々に知られる存在ではなかったのです。
続きを見る…

ナレッジプラザ

 ナレッジプラザという学びの場が札幌に誕生したのは2002年7月。創設以来19年間で、延べ5万人の方にご参加いただきました。ナレッジプラザでは、マネジメントを体系的かつ実践的に学ぶための講座、新たな出会いが新しい価値(イノベーション)を生むビジネス塾やマネジメント塾、ドラッカーを学ぶ読書会を開催しています。ビジネスに役立つ体系的かつ実践的な知識を提供し、地域社会に役立つ新しい価値の創造をサポートします。

ナレッジプラザとは?