ホーム経営のヒント

経営のヒント

MANAGEMENT HINT

ヒント

経営のヒント

組織は道具である【経営のヒント 671】2021.09.06

組織が存在するのは、組織自体のためではない。社会的な目的を果たし、社会、コミュニティ、人のニーズを満たすためである。
『経営の真髄』<上>p.58

ドラッカー教授は、組織は社会的な機関、もしくは社会の道具であるといいます。つまり組織が存在する目的は社会のためであるということです。

続きを見る…

マネジメントとは教養である【経営のヒント 670】2021.08.25

マネジメントとは実践である。その成否は成果で判定される。
『経営の真髄』<上>p.56

マネジメントの成否は成果にあります。つまり組織の外の世界に変化をもたらすことにあります。第一に、顧客に満足をもたらすことです。

そのために必要なものが「実践」です。実践にはスキルが必要です。しかし同時に「マネジメントは人間に関わるものであり、価値観や成長に関わるものである。すなわち、それは人間学である」と続けました。
続きを見る…

マネジメントとは「ものの考え方」である(4)~(7)【経営のヒント 669】2021.08.16

最も重要なこととして、組織にとって成果は常に組織の外にある。
『経営の真髄』<上>p.55

前回、マネジメントの本質は「ものの考え方」にあることを指摘しました。ドラッカー教授は、7つの「ものの考え方」を示しました。今回は、(4)~(7)を説明します。

続きを見る…

マネジメントとは「ものの考え方」である(1)~(3)【経営のヒント 668】2021.08.06

マネジメントとは、何にもましてものの考え方であることを教えている。
『経営の真髄』<上>p.53

マネジメントとは、手法や分析道具のセットではありません。もちろん道具という側面はありますが、本質は「ものの考え方」にあります。ドラッカー教授は、7つの「ものの考え方」を示しました。
続きを見る…

知識の生産性をあげる時代【経営のヒント 667】2021.07.26

マネジメントの革新は、すべて知識を仕事に適用することから生まれた。すなわち、システムと情報が当て推量や体力や汗の代わりとなった。
『経営の真髄』<上>p.48

第一次世界大戦が勃発したころ、マネジメントの出現に初めて気づいた人たちがいました。そう今から100年前、マネジメントの存在はまだ人々に知られる存在ではなかったのです。
続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー