ホーム経営のヒント

経営のヒント

MANAGEMENT HINT

ヒント

キーワードを入力しよう!

書籍別に調べる

気になるカテゴリー

最新のヒント

          
          

どれだけの期間にわたって影響を与えるのか【経営のヒント 730】 2023.05.25

何が短期で何が長期かは時間の長さでは決められない。数か月で行えても短期とは限らない。問題は、どれだけの期間影響を与えるかである。
『経営の真髄』<上>p.216

中期計画と称して3年間の数字と方針を並べた計画を目にすることがある。3年間に影響を与える計画という意味であろうか。はたまた金融機関向けの資料にすぎないのだろうか。そんな組織がもっている他の計画は、予算と呼ばれる1年の数値計画であることが多い。続きを見る…

          
          

ビジョンには実用的な有効性がなければならない【経営のヒント 729】 2023.05.15

ビジョンには実用的な有効性がなければならない。
『経営の真髄』<上>p.211

ドラッカー教授は端的に次のように問います。

それは「行動を起こすことはできるか」。
それとも「話をできるだけか」。

「望ましい未来をつくるために今日できることは何か」続きを見る…

          
          

勇気の表明【経営のヒント 728】 2023.05.08

資源をビジョンに委ねるには勇気を有する。だが、未来において何かを起こすために投入する資源は少しでよい。ただし最高のものでなければならない。
『経営の真髄』<上>p.211

ドラッカー教授は、「未来において何かを起こすには、特別の創造性は必要ない」といいます。
必要なのは仕事。進んで新しいこと(仕事)を行なわなければなりません。続きを見る…

          
          

「企業家」というコンセプト【経営のヒント 727】 2023.04.25

偉大なイノベーションは、理論上の仮説を現実の事業に転換することによっても実現されてきた。
『経営の真髄』<上>p.208

前回、「事業のビジョン」というテーマでした。具体例として、IBMの基礎を築いた「データ処理」というビジョンを挙げました。続きを見る…

          
          

ある小さな特定の発展【経営のヒント 726】 2023.04.17

成功に必要なものは、ある小さな特定の発展だけである。
『経営の真髄』<上>p.207

「われわれの事業は何であるべきか」とドラッカー教授は問います。「ある小さな特定の発展」とは、企業家的な事業のビジョンの範囲に関わる問題です。続きを見る…