ホーム経営のヒント

経営のヒント

MANAGEMENT HINT

ヒント

経営のヒント

ドラッカー教授が考える「失敗」の価値【経営のヒント 642】2020.11.16

<マネジメントと人間力>というテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。
客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

この連載を始める頃から、人間学に関する著作に触れる機会が増えました。
今日は、その学びの中から一つお伝えします。
ドラッカー教授の言葉に「失敗」に関するものがあります。

続きを見る…

ドラッカー教授の求めていたマネジメントを学ぶ姿勢【経営のヒント 641】2020.11.05

<マネジメントと人間力>というテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。
客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

この連載を始める頃から、人間学に関する著作に触れる機会が増えました。
今日は、その学びの中から感銘を受けたことをお伝えします。

続きを見る…

ドラッカー教授の「人生を変えた7つの経験」【経営のヒント 640】2020.10.26

<マネジメントと人間力>というテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。
客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

「信条と経験」から連想されるのは、ドラッカー教授の「人生を変えた7つの経験」です。
現在、『プロフェッショナルの条件』に収録されていますが、元々は、ドラッカー教授とダイエーの創業者中内功氏との往復書簡が元になっています。

続きを見る…

マネジメントの基盤を哲学から読み解く【経営のヒント 639】2020.10.16

<マネジメントと人間力>というテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。
客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

この言葉は、マネジメントが科学と人間学という対極にある領域にまたがる総合的な問題解決の方法であることを示しています。
しかし別々に見えるものも元は、哲学という共通の親から生まれたものです。

続きを見る…

渋沢栄一翁とドラッカー教授が見た企業と道徳について【経営のヒント 638】2020.10.05

<マネジメントと人間力>というテーマは、次の言葉から始まりました。

「マネジメントとは、科学であるとともに同時に人間学である。客観的な体系であるとともに、信条と経験の体系である」
『マネジメント<上>』p.38

「信条と経験」という言葉が示すように、組織や地域、国などの価値観を反映したものという要素がマネジメントには元々織り込まれています。日本という国の信条と経験、つまり日本文化や日本の慣習を反映したマネジメントが存在するということです。

続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー