loadanimation

経営のヒント

HINT

経営のヒント

ナレッジメール便【経営のヒント 397】

◆◆◆                  ◆  ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆   ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆    ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆    ◆
◆◆◆                  ◆  ◆   ◆    第397号

ドラッカー教授の半自伝といわれている『傍観者の時代』、若きドラッカーの回想が面白いです。

今日の一言は、ドラッカー教授の体質を形成した一つの要因となっています。

<ドラッカーの一言>
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
私はこれまで一流と呼ばれる
教師を観察してきた。
!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!
『マネジメント<下>』p.56 1973年 ダイヤモンド社

教師観察はドラッカー教授の趣味でした。
東奔西走、教師観察を続けました。
ドラッカー教授のお眼鏡に叶った教師は二人、シュワルツワルト・スクール付設小学校の
エルザとゾフィーという女性教師でした。
エルザは4年生の担任でした。
学期始めに三週間学力検査を行い、その後面談が行われました。
第一声は次のような言葉でした。

「ここに座りなさい。何が得意と思うかいってみて」

3週間のうちに、エルザ先生はドラッカー少年の得意なものを見つけていました。

「そうね。本を読むことね…」

そうしてこう続けたのです。

「でも得意なものは、もう一つあるでしょ。何?」

ドラッカー少年は首を振ります。

「作文が上手。でも、これまで練習してこなかった。とりあえず作文の練習をしましょう。
週に二つ書きなさい。・・・」

こうして文筆家ドラッカーの生涯は始まったのです。
ドラッカー教授がのちに、人の強みを生かせ、という原点もここにあります。
強みは、自ら自覚できないものもあります。
第三者に探してもらうという方法も時に重要です。

「強みを生かす」という組織文化を持つならば、やがて誰かが他人の強みを教えてくれて
自他の強みが明らかになるかもしれません。
相手の強みを見つけようとすると、自分でも強みを生かす体質に改善できるとドラッカー教授は明言しました。
強みや得意なことについて知ることの大切さ、ときに人生を変えることもあることを組織で共有したいものです。

佐藤 等

関連記事