loadanimation

経営のヒント

HINT

機会・環境

ナレッジメール便【経営のヒント 564】2018.09.05

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第564号

 

イノベーションに関する原理の説明が続いています。

その中でも、特にイノベーションの機会について焦点を合わせた原理が多く存在します。
今日の原理は、すでに説明した<マネジメントの原理24>
「イノベーションの機会を知覚する」に関係するものです(第561号)。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 549】2018.04.05

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第549号

 

平成の世も残すところ1年余、皆さんは新年度の始まりをどのようにお迎えでしょうか。
時代の変わり目にあって、変わるもの変わらないものの見極める力が
より一層求められています。

さて、このメルマガは総発行回数549号となります。
これまでナレッジプラザの会員向けに配信させて頂きましたが、今月からナレッジプラザが
全国20カ所以上で開催している
<実践するマネジメント読書会>の参加者にも読んで頂くこととしました。
これまでの読者はもちろん、新しい読者の皆さんもどうぞよろしくお願い致します。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 547】2018.03.15

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第547号

 

「原理とは、それに沿えば必ずうまくいくというものではないが、それから踏み外した
ときには確実に失敗する」と早稲田大学MBAの西條剛央先生はいいます。

「失敗しないための原理のマネジメント」とは成功を求めて原理に反した方法をとるという
愚を犯さないためのマネジメントです。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 477】2016.04.06

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第477号

前回に引き続き「機会」についてです。
機会は新しい事業や製品を生み出す、つまりイノベーションの元になるものです。
さらに機会のもとは変化だということをドラッカー教授の言葉は教えてくれます。続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 476】2016.03.25

◆◆◆                   ◆    ◆     ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆    第476号

「生き残ることはできない」「その存続を運に任せることになる」と断じる今日の一言は、衝撃的な響きを私たちに与えます。

続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー