loadanimation

経営のヒント

HINT

❶経営幹部

ナレッジメール便【経営のヒント 585】2019.04.15

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第585号

 

「人のマネジメント」における人がもつ5つの側面を深掘りすることで可能な限り多くの
原理を取り出しています。
前回同様、人の多面性を5つの側面で表現した原理の復習からです。

人のマネジメント上考慮すべき側面は5つある―
1.生理的な側面、2.心理的な側面、3.社会的な側面、4.経済的な側面、5.政治的な側面である。
<マネジメントの原理45>

今日は4.の社会的な側面についてさらに検討します。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 578】2019.02.05

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第578号

 

連続して人のマネジメントにおける人がもつ5つの側面に焦点を当てたメルマガをお伝えして
います。
5つの側面を示した原理の復習からです。

人のマネジメント上考慮すべき側面は5つある―
1.生理的な側面、2.心理的な側面、3.社会的な側面、4.経済的な側面、5.政治的な側面である。
<マネジメントの原理45>

今日は4.の社会的な側面についてです。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 577】2019.01.25

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第577号

 

昨年末から人のマネジメントにおける人がもつ5つの側面に焦点を当てたメルマガを
お伝えしています。
5つの側面を示した原理の復習からです。

人のマネジメント上考慮すべき側面は5つある―
1.生理的な側面、2.心理的な側面、3.社会的な側面、4.経済的な側面、5.政治的な側面である。
<マネジメントの原理45>

今日は3.の社会的な側面について考えてみます。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 567】2018.10.05

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第567号

 

今回のテーマは、本来は事業のマネジメントに属するものなのですが、
ここでは仕事のマネジメントとの中で説明させてもらいます。
そのテーマは、「組織の強み」です。前回の原理の復習からです。

仕事は知識を経済価値に転換するために行う
<マネジメントの原理31>…前回の復習

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 564】2018.09.05

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第564号

 

イノベーションに関する原理の説明が続いています。

その中でも、特にイノベーションの機会について焦点を合わせた原理が多く存在します。
今日の原理は、すでに説明した<マネジメントの原理24>
「イノベーションの機会を知覚する」に関係するものです(第561号)。

続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー