loadanimation

経営のヒント

HINT

07.非営利組織の経営

ナレッジメール便 【経営のヒント 133】2006.09.15

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第133号

今日は、第3部「成果をあげるためのマネジメント」の第4章「学校を責任あるものにするには」からです。この章も対話形式です。対話の相手は、当時の米国労働総同盟―米国教員連合会の会長を務めたアルバート・シャンカーです。
今日の一言は、本書で繰り返し出てくる、使命と成果に関係しています。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 132】2006.09.05

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第132号

今日は、第3部「成果をあげるためのマネジメント」の第3章「成果をあげるための意思決定」からです。
何気なく使っている意思決定という言葉ですが、トテモトテモ奥深いものがあります。今日は、その一端を示す言葉です。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 131】2006.08.25

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第131号

今日は、第3部「成果をあげるためのマネジメント」の第2章「なすべきでないこと、なすべきこと」からです。
今日の一言は、その中から「なすべきこと」の一つを言い表したものです。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 130】2006.08.15

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第130号

今日は、第3部「成果をあげるためのマネジメント」の第1章「決算書のない決算」
という一風変わった章からです。「決算書のない決算」というテーマは、利益という
成果指標がない非営利組織という意味で使われています。
今日の一言は、ドラッカー博士の反省の言葉です。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 129】2006.08.05

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第129号

今日は、第2部「使命から成果へ」の「まとめ」(第5章)の章です。
「使命→成果」の間にあるものをまとめとして明らかにしていきます。
まずは、今日の一言から。続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー