loadanimation

経営のヒント

HINT

継続学習

ナレッジメール便【経営のヒント 587】2019.05.07

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第587号

 

元号が令和に変わりました。このメルマガのスタートは、15年前、つまり2003年1月5日です。
その年は平成15年ですから平成の半分の期間に渡って発行してきたことになります。
あらためまして読者の皆さんに感謝申し上げます。

さて今回から数回にわたり、人のマネジメントに関してまだ触れていない部分をフォローします。
今日は、ドラッカー教授が示したマネジャーの5つの仕事の確認からです。
1.目標を設定する
2.組織する
3.動機づけとコミュニケーションを図る
4.評価測定する
5.人材を開発する

この中に人のマネジメントに属するものが2つあります。
3.動機づけとコミュニケーションを図ると5.人材を開発するがこれに当たります。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 582】2019.03.15

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第582号

 

前回から「人のマネジメント」における人がもつ5つの側面を深掘りしてできるだけ多くの
原理を取り出したいと思います。
以下、人の多面性を5つの側面で表現した原理の復習からです。

人のマネジメント上考慮すべき側面は5つある―
1.生理的な側面、2.心理的な側面、3.社会的な側面、4.経済的な側面、5.政治的な側面である。
<マネジメントの原理45>

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 580】2019.02.25

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第580号

 

これまで5回にわたり「人のマネジメント」における人がもつ5つの側面に焦点を当てて
説明してきました。
5回分の説明の中で導き出されたた原理をまとめておきます。
思いのほか多く原理化できたと思います。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 532】2017.10.16

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第532号

人口構造の変化は最も確実な未来だとドラッカー教授は言います。

このメルマガでは連続して、人口問題に関連して人生100年時代を
「すでに起こった未来」と位置づける『ライフシフト』という本を
題材に未来を投影してきました。今回もその続きです。
まずはドラッカー教授の言葉を紹介します。

続きを見る…

ナレッジメール便【経営のヒント 486】2016.07.05

◆◆◆                         ◆    ◆    ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆  ◆
◆   ◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆◆           ◆◆◆
◆   ◆                     ◆ ◆       ◆
◆◆◆                         ◆   ◆         ◆    第486号

今月のテーマは「成長」。ドラッカー教授の中でも重要なテーマの一つです。
続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー