loadanimation

経営のヒント

HINT

イノベーション

ナレッジメール便 【経営のヒント 165】2007.08.05

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第165号

『明日を支配するもの』の第3章「明日をかえるのは誰か」は、なかなか終わりません。
お氣づきのとおり、この章は、「変化」をテーマにしています。
今日の一言は、この「変化」と反対の意味の言葉、「継続」との関係を表したものです。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 164】2007.07.25

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第164号

今回も第3章『明日を変えるのは誰か』からです。
今日は、変化に伴うリスクを軽減させる手順と予算の鉄則をお伝えします。
今日の一言からです。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 163】2007.07.13

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第163号

『明日を支配するもの』の第3章は、25ページですが、示唆に富みなかなか読み応えがあります。
ということで今日も第3章「明日を変えるのは誰か」からです。
今日の一言は、痛烈に耳に残ります。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 161】2007.06.25

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第161号

1、2章とお伝えしてきた『明日を支配するもの』もいよいよ佳境に入ってきました。

第3章「明日を変えるのは誰か」では、今起こっている変化にどんな人がどうやって対処すべきかが示されています。
ドラッカー博士は、「変化はコントロールできない」と言います。そして変化の先頭に立つ者だけが生き残ると。今日の一言は、これらの言葉に続くものです。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 104】2005.11.25

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第104号

第2部、第3章は、「イノベーションのマネジメント」です。
時代の変化を捉える「物見の役」ドラッカー教授の片鱗が見え隠れする章です。
今日の一言です。続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー