ホーム イベント 純・日本的経営を考える座談会

ナレッジゼミ

オンライン

純・日本的経営を考える座談会

次回:2023年02月22日(水) 19:00-20:30

内容

本当の日本的経営、「日本的精神文化」に沿ったマネジメントとは?


それがこの座談会(ナレッジゼミ:少人数制)のテーマです。

一般的には「日本的経営」と言われると ①「企業別労働組合」②「年功序列」③「終身雇用」・・
といったものが挙げられますが、

これらは、実は、高度成長期の日本で起こった一時的な現象といっても過言ではありません。


あの時代は、日本にとっても特殊な時代であり、
あれが「日本的精神文化」に基づくものといわれると首をかしげることになります。
そして、いまやそれは崩壊しているうえに、
あの制度を復活させることがこれからの日本の発展につながるとは思えません。


ドラッカー教授は
*****
マネジメントとは、課題によって規定される客観的な機能である。
しかし同時に、マネジメントとは社会の価値、伝統、慣習によって規定される文化的な存在である。
「マネジメント(上)」 p.17
*****
と述べ、
①マネジメントの原理原則と
②それぞれの国・地域の価値観や伝統や慣習の双方に基づくマネジメントが必要だと述べています。


そこで!
今回、研究会のテーマに挙げたのは、高度成長期以前・・・例えば江戸期のマネジメントならば、
日本古来の精神文化の影響が色濃くわかるのではないかという事で
「二宮尊徳」について、参加者でディスカッションしたいと思います。


二宮尊徳といえば、あの薪を背負って本を読む少年像、「二宮金次郎」の成人後の姿なのですが、
実は、日本最古の「事業コンサルタント」といっても過言ではありません。


この二宮尊徳の提唱した「報徳仕法」について学ぶとともに、
これからの日本の経営のあるべき姿を皆さんで「座談」したいと思います。


※指定書籍や、開催前の読書は特に必要ありません。
※研究者同士の集まりではないので、お気軽にご参加ください。

 「座長」もみなさんにものを教える講師ではなく、
 皆さんに「座談」の材料を提供する、というスタンスです。


※内容等につきましては、やむを得ず変更になる場合がございます。




■座長

大日本報徳社で学んでいる実践するマネジメント読書会ファシリテーター

 大庭 純一 氏(静岡・掛川)

      

ファシリテート助手:

 清水 祥行氏(ナレッジアドバイザー)



■開催場所

Zoomにて生配信(事前申し込みが必要です)



■日程(全3回) ※ご要望があれば続編が出来るかもしれません。

第1回 2/22(水)二宮金次郎(尊徳)の生涯と業績を振り返る

第2回 3/22(水)報徳の仕法と現代の経営(その1)

第3回 4/26(水)報徳の仕法と現代の経営(その2)、まとめ

時間:19:00~20:30

※ 終了後30分程度、ご希望の方のみ残ってトークができる放課後タイムを設けます。

※ 日程は変更になる場合がございます。



■参加費

ナレッジプラザ会員/D-Lab(有料)会員:無料

未会員:¥3300(税込)※第1回のみ
※未会員のご参加は第1回のみとなります。続けてご参加される場合はナレッジプラザへご入会をお願いいたします。



■お申込み

ナレッジプラザ会員/D-Lab会員の方は『会員専用お申込み』よりお申込み下さい。



未会員の方はPeatixより『一般参加チケット』をご選択し、お申込み下さい。

※お申込みの際にはPeatixの登録(無料)が必要です。

※コンビニ / ATM でのお支払いは、前日で締め切られます。



スケジュール

2023年02月22日(水) 19:00-20:30

二宮金次郎(尊徳)の生涯と業績を振り返る

■参考書籍・文献 ※購入する必要はありません。
『超訳 報徳記』冨田高慶 / 原著 木村壮次 / 現代語訳 致知出版社
『代表的日本人』内村鑑三 岩波書店 岩波文庫
『二宮尊徳に学ぶ報徳の経営』田中、水尾、蟻有 同友館
『教養として知っておきたい二宮尊徳』松沢成文 PHP研究所(PHP新書)
『二宮尊徳の経営学』童門冬二 PHP研究所(PHP文庫)
『二宮金次郎とは何だったのか 臣民の手本から民主主義者へ』小澤祥司 西日本出版社
『二宮金次郎に学ぶ生き方』中桐万里子(7代目子孫)致知出版社
大日本報徳社パンフレット、全国報徳サミット(小田原)資料、小田原二宮神社会報 など

2023年03月22日(水) 19:00-20:30

報徳の仕法と現代の経営(その1)

■参考書籍・文献 ※購入する必要はありません。
『超訳 報徳記』冨田高慶 / 原著 木村壮次 / 現代語訳 致知出版社
『代表的日本人』内村鑑三 岩波書店 岩波文庫
『二宮尊徳に学ぶ報徳の経営』田中、水尾、蟻有 同友館
『教養として知っておきたい二宮尊徳』松沢成文 PHP研究所(PHP新書)
『二宮尊徳の経営学』童門冬二 PHP研究所(PHP文庫)
『二宮金次郎とは何だったのか 臣民の手本から民主主義者へ』小澤祥司 西日本出版社
『二宮金次郎に学ぶ生き方』中桐万里子(7代目子孫)致知出版社
大日本報徳社パンフレット、全国報徳サミット(小田原)資料、小田原二宮神社会報 など

2023年04月26日(水) 19:00-20:30

報徳の仕法と現代の経営(その2)、まとめ

■参考書籍・文献 ※購入する必要はありません。
『超訳 報徳記』冨田高慶 / 原著 木村壮次 / 現代語訳 致知出版社
『代表的日本人』内村鑑三 岩波書店 岩波文庫
『二宮尊徳に学ぶ報徳の経営』田中、水尾、蟻有 同友館
『教養として知っておきたい二宮尊徳』松沢成文 PHP研究所(PHP新書)
『二宮尊徳の経営学』童門冬二 PHP研究所(PHP文庫)
『二宮金次郎とは何だったのか 臣民の手本から民主主義者へ』小澤祥司 西日本出版社
『二宮金次郎に学ぶ生き方』中桐万里子(7代目子孫)致知出版社
大日本報徳社パンフレット、全国報徳サミット(小田原)資料、小田原二宮神社会報 など

定員

15名

場所

Zoomにて生配信(事前申し込みが必要です)

お問い合わせ先

有限会社ナレッジプラザ

〒060-0042 札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル10階

011-261-7411 [ 9:00-17:00 (土日祝日を除く) ]

FAX. 011-212-1401