loadanimation

経営のヒント

HINT

❷-5人材育成

ナレッジメール便 【経営のヒント 138】2006.11.02

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第138号

今日は、第4部「人事と人間関係」の第4章「理事会を機能させるには」からです。
この章は、当時カリフォルニア州パサデナのフラー神学校の学長、デイビッド・ハーバード博士との対話です。
では今日の一言です。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 137】2006.10.25

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第137号

今日は、第4部「人事と人間関係」の第3章「ボランティアから、無給のスタッフへ」からです。この章は、当時イリノイ州ロックフォードのカトリック司教区で司教代理を勤めたレオ・パーデル神父とドラッカー博士の対談です。
タイトルの説明が少し必要です。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 133】2006.09.15

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第133号

今日は、第3部「成果をあげるためのマネジメント」の第4章「学校を責任あるものにするには」からです。この章も対話形式です。対話の相手は、当時の米国労働総同盟―米国教員連合会の会長を務めたアルバート・シャンカーです。
今日の一言は、本書で繰り返し出てくる、使命と成果に関係しています。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 94】2005.08.12

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第94号

第5部「経営管理者であることの意味」の最後の章、「第29章は「明日の経営管理者」です。
エコノミストから転職する際、ドラッカーは、「わたしは人間の本質により関心があった。だから研究したいと思ったし、書きたいと思った」と述べているように、この章はその想いが溢れ出ています。続きを見る…

ナレッジメール便 【経営のヒント 80】2005.03.25

◆◆◆                     ◆    ◆   ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆  ◆
◆ 経営のヒント~ドラッカーのナレッジ ◆      ◆◆◆
◆    ◆                 ◆ ◆     ◆
◆◆◆                     ◆  ◆    ◆       第80号

いよいよ『現代の経営』上巻の最終章、第15章「経営管理者の育成」に到達しました。
先日、札幌アンビシャスクラブで「ドラッカーの一言」をベースに小1時間お話しする機会を得ました。やはり圧倒的に『現代の経営』から取り上げた一言が多いことに気づきました。
その偉大な書から、今日も一言です。続きを見る…

経営のヒント:カテゴリー